2010年06月03日

<京都霊山護国神社>「龍馬」三年坂など練り歩く(毎日新聞)

 坂本龍馬ら幕末の志士約300人が眠る京都市東山区の京都霊山護国神社で30日、「幕末扮装(ふんそう)パレード〜うちと龍馬はん」があった。約85人が参加し、観光客でにぎわう三年坂などを練り歩いた。

 以前から同神社には龍馬の扮装での参拝者がいたが、今年はNHK大河ドラマの影響か急増。これを受けて、神社が作る志士ファンの同好会「霊山社中」が初めて主催した。衣装も龍馬10人分、妻のお龍(りょう)10人分、遊郭の太夫37人分を準備して公募すると、歴女ブームもあってたちまちいっぱいに。この日は、自前衣装の参加者を合わせ、約20人の龍馬が集まった。

 和歌山県有田市の橋本聖也君(10)は「大好きな坂本龍馬の格好ができて、うれしい。また参加したい」と満面の笑みを見せた。見物客からは「龍馬のような政治家が現れてくれれば」との声も聞かれた。【望月亮一】

【関連ニュース】
手鏡箱:龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
咸臨丸150年:勝海舟ら乗せ太平洋横断 幕府使節団が米国へ
龍馬に会いたい:/17 土佐商会跡 /長崎
企画展:幕末動乱の様子、貴重史料で紹介−−佐野市郷土博物館 /栃木

10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)
「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
「離脱是非は30日に判断」福島党首 共同声明「辺野古」明記には「とても残念だ」(産経新聞)
<発砲>東京・池袋で2人組 警官追跡中、バイクで逃走(毎日新聞)
posted by ノギ ヒロイチ at 18:45| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

心躍る個性派プリント 大阪・帝塚山発「レジィーナロマンティコ」(産経新聞)

 【ファッション・ナビ】花のモチーフのプリントファッションがあふれる今シーズン。そんな街にあって、ひときわ目を引く、個性的なプリント使いのブランドがある。「レジィーナロマンティコ」。ヨーロッパのインポート商品を扱うショップのオリジナルブランドだ。

 「本当に好きなものをと、オリジナルを始めました」とオーナーの阪口元美さん。アメリカで多く見かけた、プリントのジャージー生地を採用。着やすくて、シワになりにくく、自宅で洗えるという機能性と、発色のきれいさに注目した。

 知人のパタンナーにも協力してもらい、生地の特長を生かしながら、ほっそりとみせるシルエットを作り出している。

 「例えば、隠しがちな背中もちゃんと体にフィットさせることですっきり見せることができます」

 襟の大きさや胸もとの空きにも細かくチェック。袖口やボタンホール、見ごろ裏のパイピングには鮮やかな差し色を使って、アクセントにするなど、ディテールにも手を抜かない。

 アイテムはワンピースに、ジャケットとスカートのセットアップタイプが中心となる。シーズンを問わない素材感ということで、毎月ごとに5点から10点の新作が登場する。また、ショップでは、セミオーダーできる。

 さて、ポイントとなる柄。ショップのスタッフも一緒に選ぶとのことだが、「私自身はペイズリーやチェックなどのクラシックなものや紋章が好きです。あと、水玉やアニマル柄も…」とにこやかに続けていく、阪口さん。着ているスーツは、タツノオトシゴが描かれたもの。ラッキーモチーフとのことだが、何ともユニークで、かわいらしさもある。

 上品さを意識し、「着たときに、ハッと表情が変わり、『これいいわね!』とワクワクする高揚感を大切にしています」。

 7年前、大阪・帝塚山で始めたショップは、福岡、東京、名古屋へと広がり、8月には5店舗目が阪神間にオープンする予定。客層は、20代から80代までとブランドの魅力はエイジレスであるようだ。

 (フリーライター・徳本みどり)

     ◇

 「レジィーナロマンティコ」

 大阪市住吉区帝塚山中3の8の30帝塚山ビル1F−1B

 (電)06・4701・7277

 URL(http://www.reginaromantico.com)

【関連記事】
エリカ様、世界進出? あの“アジアの歌姫”目指す?
公平の「美学」と女性用下着
“花のようにカワイイ”女性向けUSBメモリー
“斬新”デザインに期待 東武百、服飾大学生徒と共同開発
メイサ初ライブ!新曲PVでは黄金パンツ
中国が優等生路線に?

高裁事務官、副業で作業車運転…年収提出し発覚(読売新聞)
<篠山紀信氏>略式起訴…礼拝所不敬など 墓地でヌード撮影(毎日新聞)
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設(毎日新聞)
「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕―府警(時事通信)
posted by ノギ ヒロイチ at 21:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

時代劇の撮影できる? 町家の楽しみ(産経新聞)

【麗し大和・記者の裏話】

 奈良にこれだけ立派な町並みが残っていようとは…。正直驚いた。近鉄八木西口から歩いて数分、飛鳥川を渡ると、とたんに目の前に古い町並みが見えてくる。よく「タイムスリップしたような」といわれるけれど、まさにそんな感じで、時代劇の撮影でもできそうな。

 まず、道路がせまい(笑)。両側に町家の軒が迫るようで、その雰囲気もまたいい。代表的な町家は国の重要文化財に指定されているだけでも8軒。道路に面した部屋には格子がはまり、かつては「みせのま」として使われていた場合が多い。細格子、太格子、出格子などデザインもいろいろあっておもしろい。

 2階は「つし2階」と呼ばれ、1階の半分ほどの高さで、デザインをこらした「虫籠(むしこ)」まどがしつらえられている。

 今西家=電車で来ると反対側の町の西南に建つ、城郭のような雰囲気の旧家。八つ棟造りと呼ばれる。町を代表する町家でなんと1650年築。春と秋に公開▽豊田家=1662年築、屋号は「紙八」。2階の壁面の意匠がかっこいい▽中橋家=米穀商で屋号は「米彦」▽河合家=江戸初期から続く造り酒屋で屋号は「上品寺屋」。清酒「出世男」が有名。出世男を使った酒ケーキがなかなか美味。そのほか、高木家、旧米谷家、音村家、上田家など。

 称念寺=浄土真宗本願寺派で、かつては今井御防と呼ばれた格式の高い寺。明治天皇の行幸の際には行在所となった。本尊、阿弥陀如来立像は本堂修理のため遷座中。

【関連:麗し大和・記者の裏話】
お茶はいつから飲まれるようになったのか?
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜
斎宮 ちょっとミステリアスな響き
知る人ぞ知るウマさ スッキリ飲める「濁酒」
中国が優等生路線に?

<楽しみたい>アニメのしっぽ ルパン三世(毎日新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)
丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成(スポーツ報知)
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件(医療介護CBニュース)
posted by ノギ ヒロイチ at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。