2010年01月21日

課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率−政府税調(時事通信)

 政府税制調査会は15日、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率に代わって創設する同規模の特別税率に関し、ガソリン高騰時に課税を停止する目安となる「発動基準価格」を、ガソリン1リットル当たり160円程度とする方向で調整に入った。課税を復元する「解除基準価格」は同130円程度とする方向だ。
 また、課税停止や復元を見極める期間は3〜4カ月を軸に調整している。この間ガソリン価格が160円を上回る水準で推移すれば、1リットル当たり53.8円のガソリン税のうち特別税率分(25.1円)が引き下げられ、その後ガソリン価格が130円を継続的に下回れば再び同額が課税されることになる。
 18日の税調全体会合で詰めの調整を行い、2月上旬にも通常国会に提出する税制改正関連法案に盛り込む方針だ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

陸山会会計処理 石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
天下り監視機関を新設へ=官民人材交流センターは廃止−政府(時事通信)
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長(産経新聞)
<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
posted by ノギ ヒロイチ at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。