2010年01月23日

教育費のため食費節約54.8% 東北のローン利用者調査(河北新報)

 食費を切り詰め、教育費を工面する―。大学生の父母など東北の教育ローン利用者を対象に、日本政策金融公庫仙台支店が実施した教育費調査で、こんな実態が浮かび上がった。仙台支店は「不況の中、既にレジャー費などを削り尽くし、食費にまで手を付けざるを得なくなっているのではないか」とみている。

 教育費の捻出(ねんしゅつ)方法を複数回答で尋ねた結果、「節約」が62.6%で最も多く、「奨学金を受けている」(54.0%)「子供がアルバイトをしている」(33.4%)「預貯金や保険などを取り崩している」(27.4%)などが続いた。

 節約している支出(複数回答)はグラフの通り。「食費(外食費を除く)」が54.8%でトップで、次いで「外食費」「旅行・レジャー費」の順。日本政策金融公庫の全国調査の結果では、「旅行・レジャー費」が「食費」を上回っており、東北の「食費」の割合の高さが目立つ。

 東北での調査によると、入学費用や授業料、通学費などを合わせた教育費は、大学4年間で国公立大が501万円(1人暮らしの生活費は除く)、私立大文系が683万円、私立大理系が818万円。子供が1人暮らしをしている場合、仕送り額は年平均95万5000円だった。

 調査は昨年7月、教育ローンを契約した東北の3492世帯を対象に郵送で実施。回答率は15.2%だった。教育費を実際に使う学生は大学生と短大生、専修学校生が回答世帯の84%。


<名古屋市>住基ネット離脱に意見50件 賛成1、反対35(毎日新聞)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
申請率、80%に改善=介護職の処遇改善交付金−厚労省まとめ(時事通信)
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす−高知地裁(時事通信)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
posted by ノギ ヒロイチ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。