2010年04月23日

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)

 3月に開港した茨城空港(茨城県小美玉市)で16日、初の国内線定期便となるスカイマークの神戸便の運航が始まった。

 第1便は定刻の午前9時35分ごろに茨城空港に到着。茨城空港では空港ターミナルビル内で歓迎式と出発式が開かれ、橋本昌・茨城県知事や地元の島田穣一・小美玉市長らが顔をそろえた。橋本知事は「開港当初は厳しい声もいただいたが、見学者を含め(1カ月で)15万人が来場し、予約も順調。将来有望な空港とも言われるようになった」とあいさつ。

 また、第1便に搭乗してきた神戸市の小柴善博副市長は式典後、記者団の取材に「これまで北関東とは関係が薄かったが、進出企業もあり、ビジネス的な利用も期待できる」と答えた。

 一方、相次ぐトラブルで国土交通省から業務改善勧告を受けたスカイマークは、神戸との往復便に整備士を搭乗させた。

 茨城空港では国内98番目の空港として3月11日に開港。国内線と国際線のロビーを1階に集約しているほか、搭乗橋(ボーディングブリッジ)を使用しない構造にするなど、維持管理や運航にかかわるコスト削減を徹底。県は国内初の格安航空会社(LCC)対応空港として、航空各社に就航の働きかけを図っている。

 だが、国内線定期便ではスカイマークの神戸便(1日1往復)しか運航が決まっていないほか、国際線定期便はアシアナ航空が運航する茨城−仁川(ソウル)便の1日1往復。早期の航空会社の誘致が課題となっている。

【関連記事】
乱立…厳しい採算 需要喚起が不可欠の茨城空港開港
ゼロ空港、皮肉な人気ぶり 神戸→茨城1番乗り便は即時完売
HISが“茨城空港ジャック” GWにチャーター20本
全日空、コンチネンタルと共同運航開始 日米13路線
仕分けしろ! 空港20公益法人の“天下り”と“蓄財”
外国人地方参政権問題に一石

「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
<民主党>「米大使館、日本政府に不信感」と小沢幹事長語る(毎日新聞)
ネット選挙 参院選解禁で一致 与野党、あす協議機関設置(産経新聞)
posted by ノギ ヒロイチ at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)

 16日午後4時50分ごろ、千葉県沖約200キロの太平洋上で高度約9800メートルを巡航中の成田国際空港発カナダ・カルガリー行きエア・カナダ10便(ボーイング767−300型、乗員10人・乗客181人)が、エンジン故障を示す警告が表示されたため成田に引き返し、約50分後に緊急着陸した。点検を終え午後8時20分ごろ再離陸したが、同じエンジンの故障表示が出て、約1時間後に再び成田に緊急着陸した。けが人はなかった。

 国土交通省成田空港事務所や空港会社によると、故障の表示が出たのは2基あるエンジンのうち右主翼の第2エンジン。最初の着陸後の点検で、燃料に混じった異物を取り除くフィルターの目詰まりがあり、フィルターを交換して2度目の出発をしたという。

 同機は当初、長さに余裕があるA滑走路(4000メートル)に着陸予定だったが、直前に着陸した米フェデラル・エクスプレスの貨物機から部品が落下、散乱していたため破片の回収作業でA滑走路は閉鎖されており、急きょB滑走路(2500メートル)に着陸した。【山田泰正、斎川瞳】

【関連ニュース】
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
成田空港:着陸のユナイテッド機タイヤから白煙
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁

川島海荷、広末涼子「MajiでKoiする5秒前」をカバー!
岡田外相と米大使が電話協議=普天間(時事通信)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
リン・チーリンが元恋人のF4ジェリーに貢献、ドラマ共演のキムタクは「大スター」―香港
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
posted by ノギ ヒロイチ at 04:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)

 ボートレース場から遺体の腕―。9日午前9時頃、福岡市中央区の福岡競艇場内の海で、清掃中の男性が人の両腕を発見した。福岡県警では、指紋から、腕は3月6日に行方不明になっていた会社員・諸賀礼子さん(32)=同市博多区=の遺体のものと確認。3月15日に、同じ博多湾内にある能古島の海岸に胴体の一部が漂着していたのに続き、バラバラにされた遺体が見つかった。

 レース前の競艇場で、ショッキングなバラバラ遺体発見劇が起きた。

 同競艇場によると、清掃委託された業者の男性が両腕を見つけた。レース開催日の朝は船を使い、コース内外のごみなどを取り除くのが恒例で、この日の朝も男性は清掃を開始。同9時頃、競艇場の観客席「東スタンド」から北に約150メートル離れた、競艇場と外海を仕切る「遮へい壁」付近の内側の海に漂う、黒いポリ袋を発見した。

 男性はごみと思い、網ですくい回収。ところが、袋から人の手首が見えていた。驚いた男性から連絡を受け、競艇場職員が警察に通報。県警によると、両腕は肩付近から鋭利な刃物のようなもので切断され、腐敗が進んでいた。切断面以外の目立った外傷はなく、装飾品もつけていなかった。袋は何も印刷がない市販のごみ袋で、口は結ばれ、腕以外には入っていなかったという。

 遮へい壁の下は海とつながっており、県警では、潮流状況から施設外で遺棄され場内に流れ着いたとみている。

 福岡市のバラバラ殺人事件では、3月15日に下腹部から大たい部までの胴体の一部が、競艇場と同じ博多湾内の能古島の海岸に漂着しているのが見つかっていた。胴体は警察でDNA鑑定した結果、行方不明になった諸賀礼子さんの遺体と特定された。この胴体も、鋭利な刃物で切断されていた。県警は指紋を調べ、この日発見された腕も諸賀さんのものと確認した。

 競艇場は、能古島から南東に約9キロ。県警は博多湾内を中心に、遺体のほかの部分の捜索を続けていた。諸賀さんは3月6日から行方不明に。自身のネット上の書き込みから交通事故に絡むトラブルが浮上しているが、依然、未解決。遺体の残る部分の発見と、事件の全容解明が待たれる。

 【関連記事】
ボートレース 福岡競艇場 福岡県警 を調べる

監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁
新党 「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
プライバシー配慮?「裁判員」回避で強姦容疑に(産経新聞)
<井上ひさしさん死去>魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動(毎日新聞)
神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)
posted by ノギ ヒロイチ at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。